お知らせ

大腸ポリープと側方発育型腫瘍について


7/15

昨日、大腸カメラをしましたが、5年ぶりの大腸カメラの人の一番奥の大腸に側方発育型腫瘍がりました。腫瘍自体は良性のものですが、これのやっかいなのは、横方向に広がり、突然癌化して粘膜下に浸潤することです。これを切除となると、切除範囲は広くなり、洗濯バサミでの縫合が困難になります。昨日は、やっとのことで縫合しましたが、やはり2-3年置きの大腸カメラ、CT大腸カメラ望ましいと思います。皆様、ご検討ください。