お知らせ

大腸カメラを習いたい先生へ


大腸カメラの挿入法・腫瘍の観察・内視鏡治療を習いたい先生へ

独立開業で胃カメラ・大腸カメラ検査を収益の1つに考えて見たい先生でもOKです。

大腸カメラ

挿入法 軸保持短縮法

腫瘍観察 PIT patternによる腫瘍の評価

治療内視鏡 ポリペクトミー EMR

先生の条件

① 医師である事

② 始めに挿入法を見て頂き、自分で大腸カメラ検査をセデーションなしで受けて、それから習うか決めてください。

③ 一朝一夕で習得できるものでは無いと思います。時間がかかります。

④ 無給です。内視鏡経験者であれば、午前中の胃カメラ検査をお願いする場合があります。

⑤ 大腸カメラ検査があるときに来て頂きます。

上記で考えて見てください。

私の内視鏡は、事故の無い内視鏡と痛みの少ない挿入法を目指しております。

定員は、1名です。決まり次第、当ページを閉鎖します。

興味のある医師の先生は、下記へご連絡ください。

kmme7771cli@gmail.com